曲芸飛行パイロットが信頼


ラルフ・ニーバーガルは、彼の愛機、SIAIマルケッティSF-260に乗り、航空ショーの観衆たちの心に郷愁に満ちた思い出を蘇らせます。しかし地上や上空での現代的な時間計測の道具となれば、ノイヴィート出身の曲芸飛行パイロットが頼りにするのは、ジンの時計だけです。

これは偶然ではありません。結局のところ、曲芸飛行において最も重要なのは安全です。ニーバーガル家は、1980年以来この飛行機を所有しています。1967年製造のこの「空のフェラーリ」は、まさに古きよき時代の飛行機であり、ラルフ・ニーバーガルはこの飛行機ですべての飛行訓練を受けています。

ニーバーガルは、1987年にパイロット免許を取得しました。それ以来、1400時間の飛行時間を記録し、その中の600時間以上は曲芸飛行です。彼は、軍隊に所属している間にジンというブランドを良く知るようになりました。1つの趣味が、ジンとの9年間にわたる素晴らしい協力関係へと変貌したのです。

「私は、心からジンを信奉しています。ジンの製造するパイロット時計は、圧倒的な圧力に耐え、完璧に信頼することができます。これはパイロットである私にとって、この上なく重要なのです」と彼は説明してくれました。決まり文句のように聞こえるこの台詞には、確固たる具体的な理由があるのです。マルケッティのような飛行機では、燃料タンク残量計が必ずしも正確に機能しないという欠点があります。燃料残量と飛行可能時間を計算するために、ニーバーガルは、パイロットクロノグラフのモデル103とナビゲーションコックピットクロノグラフのモデルNABO.54を頼りにしていた時期もあります。さらに最近では、デュオクロノグラフモデル757.UTCを使って、この課題を成し遂げています。「これらの時計に、失望させられることは決してありません。他のどのようなブランドも、ジンの時計と比較することはできないのです」と、ジンの時計が持つ不滅の機能性について、ラルフ・ニーバーガルは語ってくれました。

Related Sinn

PAGE TOP