TEGIMENT

テギメントとは、窒素を使用した浸炭加工を時計のケースに施すことにより鋼材の表面に炭素分子を拡散・浸透させ、焼入れして硬化させる技術です。
素材の表面にセラミックを同じ1200ピッカース、あるいはそれ以上の硬度にして時計に傷がつくのを防ぎます。
この加工はマットやポリッツシュ等のケースの仕上げの首里を問わず可能で、さらに金属内のニッケルが表面には出てこないといった特徴もあるため、アレルギー体質の人でも安心して使用することができます。
浸炭加工の技術は以前よりあったものですが、改良・開発をして時計の分野に応用しているのはジンが世界で唯一のメーカーです。

  1. EZM1.1
  2. 140.ST
  3. 140.ST.S
  4. 144.ST.SA
  5. 756
  6. 756.DIAPAL
  7. 757
  8. 757.UTC
  9. 757.S
  10. 757.S.UTC
  11. 900.FLIEGER
  12. 900.FLIEGER.S
  13. 900.DIAPAL
  14. EZM 10.TESTAF
  15. 212.KSK
  16. 856
  17. 856.S
  18. 856.B
  19. 856.B.S
  20. 856.B-Uhr
  21. 857
  22. 857.B
  23. 857.B.S
  24. 857.UTC.VFR
  25. EZM7
  26. EZM7.S
  27. EZM9.TESTAF
PAGE TOP