DIAPAL

時計を永く使用するにあたり、オーバーホールは重要なメンテナンスです。
ディアパルは、このインターバルを通常の約2倍に伸ばします。
精度を保つために最も重要なガンギ車と鈎爪のかみ合わせの部分にオイルを使用しない新システムのディアパルを採用し、オイルを使ったときと同じ状態(摩擦係数0.03)を保つことができるようになりました。
これは真空状態ではオイルが使えないために開発されたNASAの技術の応用で、これによりオーバーホールのインターバルを伸ばすことが可能になったのです。

  1. 103.B.SA.DIAPAL
  2. 756.DIAPAL
  3. 900.DIAPAL
  4. EZM 10.TESTAF
PAGE TOP