ジン特殊時計会社

Sinn

独自のテクノロジーを生み出し、伝統的で精緻な職人技とパイオニア的な革新性を一体化

ジンのスペシャルサイト

ジンの正式名は、ドイツ語で「ジン スペツィアルウーレン」―――日本語では「ジン特殊時計会社」という意味です。独自のテクノロジーを生み出し、伝統的で精緻な職人技とパイオニア的な革新性を一体化させることによって、身に着ける人が生涯信頼できる極限的状況でも最高の精度を保証する時計を製作しています。『使うためだけの時計』作りがジンの哲学です。重要なのは機能性で、そのため、ジンの時計には、実際に役立つ機能のみが搭載されています。

  ジン社の歴史は1961年に遡ります。ドイツ軍パイロットで飛行教官でもあったヘルムート・ジンが、自らの名前をブランドに冠し、フランクフルトでパイロット用の時計を作り始めたのがその発端です。
これは時計というより航空機器に近いもので、視認性が良く、機能性が高く、そして堅牢な作りは、プロフェッショナル・パイロットたちのニーズを完璧に満たしていました。

ジンのブログ記事一覧

  1. 歴史
  2. Ar ドライ
  3. ハイドロ
  4. 耐磁性
  5. 温度安定性
  6. キズ防止

1961
創立計器飛行教官であり、第2次世界大戦においてはパイロットでもあったヘルムート・ジンがフランクフルト・アム・マインに「ヘルムート・ジン特殊時計(HelmutSinnSpezialuhren)社」を創設。同社はナビゲーション・コックピットウォッチとパイロット・クロノグラフの製作に特化していました。

1985
140Sが宇宙に

ドイツの物理学者であり宇宙飛行士でもあるラインハルト・フラーが、スペースラブ・ミッションD1の期間中、140Sを手首に装着。これにより、SINNの自動巻き機械式時計が無重力空間でも機能することが証明されました。

1994
マグネチック・フィールド・プロテクションを開発

ムーブメントが自由に振動するよう吊り下げられた純チタン製モデル244です。SINN社が実現したこの防磁性能は、耐磁時計に関するドイツ工業規格(DIN)の基準を大きく上回り、磁気から受ける障害を最小限に抑えます。

1995
Arドライテクノロジーの開発

Arドライテクノロジーが、弊社のダイバーズウォッチ203TIArにより導入されました。この技術により、時計内部の劣化プロセスが妨げられ、ムーブメントの信頼性がより長く持続します。また、急激な気温変化でも風防が曇りません。

1996
ハイドロ(HYDRO)テクノロジーの開発

ハイドロ・テクノロジーが、弊社のダイバーズウォッチ403HYDROにより導入されました。この技術により、究極の曇り防止機能、潜水可能なあらゆる深度における耐圧性が保証され、また、水中でどのような角度からでも時計を視認できます。

1998
-45°C~+80°C

SINN特殊オイル66-228の併用により、Arドライテクノロジーが完成の域に達しました。そして誕生した温度安定性テクノロジーが、-45°Cから+80°Cの環境で機械式時計の作動を可能にします。
この新技術を搭載したクロノグラフ303KRISTALLが、世界で最も過酷といわれる犬ぞりレース、ユーコン・クエストでもその性能を発揮しました。

2001
ディアパル(DIAPAL)テクノロジーの開発

ディアパル・テクノロジーが、18Kホワイトゴールド製ファイナンシャル・ウォッチ記念エディション6000により導入されました。このテクノロジーでは特殊な材質の組み合わせにより、潤滑剤がなくても摩擦を起こさずに作動し、長期間にわたって精度を保つムーブメントを実現します。

2003
テギメント(TEGIMENT)テクノロジーの開発

テギメント・テクノロジーがモデル756により導入されました。
この技術を用いて表面を硬化したステンレススチール製ケースは、とてもキズがつきにくくなっています。

オイルの劣化を解決


Arドライテクノロジーは、機械式時計が内包する問題、すなわち、オイルの劣化を解決します。これは、時計内部に含まれている湿気や、時間の経過とともに時計内に拡散する湿気によって引き起こされます。Arドライテクノロジーの柱を成す3つの技術(ドライカプセル、EDRパッキン、プロテクトガスの充填)により、ムーブメントはほぼ無水の環境に取り付けられます。劣化プロセスと、突然の気温低下による風防の曇りが防止され、機能の信頼性と動作精度を長期にわたって維持することができます。

水中でも反射せず、高い視認性を実現

  • 究極の曇り防止機能
  • 水中でも反射しない
  • 潜水可能なあらゆる深度における耐圧性

その原理
ハイドロ・テクノロジーを使用したケースでは、ムーブメント、文字盤、針が、非常に透明度の高い液体の中に取り付けられています。この「液体槽」の屈折率とサファイアガラスの屈折率が一致しているので、文字盤と針から出る光が、サファイアガラスに入っても屈折しません。また、充填された液体は圧縮不可能なため、常に湿気を含んでしまう空気に代わってケース内を満たすことができます。そこから多くのメリットが生まれます。

磁気による干渉を最低限に抑えます。

マグネチック・フィールド・プロテクション
電気モーター、スピーカー、マグネット式ロックなどから発生する磁場により、ニヴァロックス社製ヒゲゼンマイが磁気を帯び、その結果、動作精度が下がってしまいます。弊社ではこうした問題を、文字盤、ムーブメントホルダ、裏蓋から構成される軟磁性・密閉性の空間を、ケース内側に設けることで解決しています。このマグネチック・フィールド・プロテクションの技術が、磁気による干渉を最低限に抑えます。


マグネチック・フィールド・プロテクションの効果

通常の裏蓋

過酷な使用環境でも機能信頼性を確保


マイナス環境でのテスト
温度安定性テクノロジー
ムーブメントの長期的な動作精度は、可動部品の潤滑に大きく左右されます。これは特に、極端な気温下で使用する場合に言えることです。過酷な使用環境でも時間表示の機能信頼性を確保するため、弊社ではSINN特殊オイルを使用しています。優れた特性を誇るこのオイルにより、-45°C~+80°Cの温度環境でも、劣化の少ない潤滑が可能になります。

テギメント(TEGIMENT)によってキズ防止効果を大幅にアップ

テギメント・テクノロジーにより、ステンレススチールなど、基盤となる材質の硬度が飛躍的に向上します。
このテクノロジーが初めて紹介されたのは、2003年、バーゼルで行われた国際時計・装飾品見本市でした。デュオクロノグラフの756とともに披露された本テクノロジーは、2002年に発表された、ニッケルフリーの時計ケースで採用されていた低温硬化処理に取って代わる技術となりました。TEGIMENTテクノロジーは本来、ステンレス製ケースにのみ使用されていましたが、この名称は、表面硬化された素材全てに使われるようになりました。
テギメント・テクノロジーは非常に効果的にキズを防止します。これを達成するために、コーティングは使用していません。材料そのもので、その表面を特別な方法によって硬化することにより、保護層(ラテン語で「tegimentum」)を作っています。テギメント・テクノロジーによって硬化された時計の表面は、そのキズの付きにくさで、基盤となる材質の硬度を遥かに上回ります。


ジン正規販売店 時計・宝飾 カマシマ
住 所:〒320-0811 栃木県宇都宮市大通り3-1-3
代表者:釜島光顕 (KAMASHIMA MITSUAKI)
営業時間 : AM10:00 ~ PM6:00
定休日:毎週水曜日
電 話:028-633-2739
FAX:028-633-2843


PAGE TOP